Airbnb(エアービーアンドビー)の旅館業法(民泊)の許可申請・国家戦略特区法上の特定認定の代行相談・予約ならグラティアンスへ

lineで無料相談受付中

※本サイトは株式会社グラティアンスが運営しております。

lineで無料相談受付中

メディア掲載情報

Airbnbにおける旅館業法について

Airbnbホストをはじめたい

Airbnbとは、美術大学を卒業したばかりのアメリカ人2人が考え出したシェアリングサービスであり、2008年のウェブサイト立ち上げから、あっという間に世界中に浸透しました。その内容は、空き部屋を活用し、短期的な宿泊と朝食を提供するというサービスを、ネットワークを通じ提供するというもの。システムはごく単純であり、インターネットのウェブサイトを通じ、部屋を提供する側がホストとして登録し、泊まりたいと思う側はゲストとして登録、サイトで空き部屋を検索したゲストがネット上で申し込んで使う仕組みです。

日本にairbnbがやってきたのは2014年5月、そのフィロソフィーやシステムは日本でも多くの人に受け入れられ、現在では13000件を超えるホストが存在します。米airbnbによれば、日本国内で今後5年内に4万件を目指すとのことです。ただ、Airbnbのスタイルはマッチングまでであり、ホストとゲストとの実際の宿泊契約は各国の法律に適う形で運用してくれ、というように、自己責任にまかせています。日本でこのサービスを展開するにあたっては、それが「人を宿泊させる営業」と認められる限り、許可を得ずに営業することは旅館業法に抵触してしまいます。

宿泊ではなく、あくまで賃貸しているのだ、宿泊業の許可は不要だろう、ということも考え方としてはありえますが、過去にウィークリーマンションが賃貸か宿泊かという点が問題となった際、旧厚生省は、「1~2週間程度という1か月に満たない短期間に不特定多数の利用者が反復利用するものであり、かつ、利用者の生活の本拠がないと認められるケース」において、旅館業法の適用対象施設として取り扱うのが相当という判断をしています(旅館業法運用上の疑義について 厚生省昭和六三年一月二九日衛指第二三号)。

では、合法的にairbnbホストとなるためにはどうすればよいか。

まず第一に、旅館業法上の「民泊」としての許可をとること、第二に、国家戦略特別区域法(国家戦略特区法)に基づき制定される条例上の、「外国人滞在施設経営事業」としての特定認定を受けること、この2つの方法が現実的です。
実は第三に、内閣府発表の規制改革実施計画によれば、イベント開催時の一時的な民泊には、許可は不要であるとする施策があります。
しかし、これは「年1回(2~3日程度)のイベント開催時であって、宿泊施設の不足が見込まれることにより、開催地の自治体の要請等により自宅を提供するような公共性の高いものについて」認められるものです。つまり、一時的に旅館業法を適用しないということにとどまり、継続的にホストとして旅客を泊めることについてはあてはめにくいでしょう。

なお、旅館業法違反として、2014年5月に東京都足立区で、住宅を宿泊施設として営業していたイギリス人男性が逮捕された事例があります。足立区保健所の10回にわたる行政指導を無視して営業を続けていたためです。2015年11月にも、京都市右京区において、旅館業法違反(無許可営業)の疑いで、運営者が書類送検されています。

厚生労働省は、2015年11月、「旅館業法の遵守の徹底について」という平成26年7月付の通知に基づいて各地方自治体に求めた調査の結果をまとめましたが、そこには、上記事例を含む無許可営業者に対する全国の指導事例が計6件、挙げられています。うち、営業を取りやめさせたケースが3件、指導中が2件、逮捕は1件となっています。

今後、旅館業法違反についてはより厳しく取り締まられるものと考えられます。今後Airbnbの運営は、法律や条例にのっとり、適切にとりおこなうことが急務となります。

lineで無料相談受付中

旅館業の許可申請について

旅館業法について

旅館業法上の許可を得ようとした場合、その施設が100㎡未満である限り「簡易宿所」としての基準を満たすか否かの審査を受けることとなります。この点、旅館業法はそもそも旅館をこれから新築しようとする場合を想定して作られており、すでに建築済みの物件を旅館として登録するためには、基準に合わせて改築する必要が生じることもあり、事実上許可を得ることは困難でした。
しかし、2020年のオリンピック開催を控え、外国人観光客の受け入れが急務であることを受け、政府は旅館業法の運用緩和を計画しています。ただ、その内容は、有識者会議などを通じて今まさに審議中です。

旅館業法上の「簡易宿所」について

まず、簡易宿所の審査基準を抑える必要があります。ここからどこまで緩和されるか、という予想を立てるためです。簡易宿所としての許可を得るためには、さまざまな基準を満たす必要があります。

【旅館業法】

まず基本となるのが旅館業法の審査です。以下は審査基準のうち、主なものです。

  • 1.施設の床面積が33㎡以上であること
    建築図面などで用いられる壁芯の算定方法とは異なること、宿泊に使用しない部分は除外して計算することなど、専門的な知識を要します。
  • 2.各階にトイレを設置すること
    自治体により運用が異なります。自治体によっては、一フロアに最低2つの便器を、男子用と女子用の区分を設けて設置するように定めています(例:品川区旅館業条例7条9項)が、自治体によっては、一フロアに一つあれば良いものとして運用しているところもあります。なお、部屋の中にトイレがあれば一つで足ります。
  • 3.施設が、客室を多数人で共用する宿泊施設であること
    多数人で共用とは、カプセルホテルや民宿、キャンプ場のバンガローなどを指します(品川区旅館業の手引き)。厳密に言えば、1組しか泊められない施設ではこの条件を満たさないこととなります。ただ、各自治体でその運用は様々です。物件が決まり次第、事前に確認する必要があります。
  • 4.玄関帳場もしくはこれに類する設備を設置すること
【建築基準法】
  • 1.まず、そもそも次の用途地域内には「旅館」を建築できないとされているため、宿泊を提供しようとする住宅が以下の用途地域にある場合は、旅館業の許可は得られません。
    • ア 第2種中高層住居専用地域内
    • イ 工業地域内
  • 2.旅館は、建築基準法上の特殊建築物にあたる。床面積が100㎡以上ある建物を旅館業に使用する場合、用途変更をする必要が生じます。この際、建築確認申請をしなければなりません。100㎡未満の建物であれば用途変更は要しません。
    とはいえ、建築基準法の要件を満たす必要があるのは同様です。 この要件は、旅館がそもそも不特定多数の人が利用する施設であることから、耐火性能や採光・換気など細かい部分につき、高い基準が設定されています。
【消防法】

旅館においては、防火のための一定の『管理義務』が生じます。具体的には、避難経路を設定し、その経路を旅客に明らかにするなどです。また、建物で使用する『防炎対象物品』は政令の基準を満たす防炎性能を有することが必要です。消防用設備の設置・維持の義務も生じます。ただ、各部屋から避難経路がまったく確保できないような状況でない限り、この点は対応可能であるかと思われます。図面を用意し、許可申請の前に確認してもらう必要があります。

【その他】

ホテル・旅館等の建築により,清純な環境が著しく害されるおそれがあると認められるときは,営業の許可がされない、という風営法のような規制もあります。このため、旅館から一定の距離内に、学校、公園等がある場合、事前に届け出をして、意見を照会する必要があります。「一定の距離」は、半径100mであったり200mであったりと、自治体により異なっています。

国家戦略特区法上の特定認定について

外国人滞在施設経営事業

民泊を推し進めようとする国の政策から、国家戦略特区法において旅館業法の特例が定められています。それが『外国人滞在施設経営事業』です。

【特区の範囲】
  • 1.東京圏 東京都全域、神奈川県全域、千葉県 成田市
  • 2.関西圏 大阪府全域、兵庫県全域、京都府全域
  • 3.新潟県 新潟市
  • 4.兵庫県 養父市
  • 5.福岡県 福岡市
  • 6.沖縄県
【審査基準】

大枠の流れは以下です。
「外国人旅客の滞在に適した施設」を「賃貸借契約及びこれに付随する契約」に基づき「一定期間以上使用させる」とともに「当該施設の使用方法に関する外国語を用いた案内その他の外国人旅客の滞在に必要な役務を提供」する事業として、内閣総理大臣の認定を受ける。
その認定を受けたうえで、 「行おうとする事業が当該政令で定める要件に該当している旨」の都道府県知事の認定(これが「特定認定))を受ける。(以上、国家戦略特別区域法第13条) 政令・条例の規定する要件を満たすことを要件として、都道府県知事もしくは市長・区長の『特定認定』を受けることによります。この条例は、下記の国家特別戦略法にもとづいて各自治体で定められ、現在大阪府と東京都大田区で制定されていますが、詳細は、この条例に基づく規則が制定されるのを待つこととなります。
そのため、現在わかっているのは、国家戦略特別区域法施行令に定められている以下の要件です。

  • ① 所在地が国家戦略特別区域にあること
  • ② 最低7日以上の宿泊であること
  • ③ 施設の各居室は、次のいずれにも該当するものであること
    • イ 原則として、一居室の床面積は、25㎡以上であること
    • ロ 出入口及び窓は、鍵をかけることができるものであること
    • ハ 出入口及び窓を除き、居室と他の居室、廊下等との境は、壁造りであること
    • ニ 適当な換気、採光、照明、防湿、排水、暖房及び冷房の設備を有すること
    • ホ 台所、浴室、便所及び洗面設備を有すること
    • ヘ 寝具、テーブル、椅子、収納家具、調理のために必要な器具又は設備及び清掃のために必要な器具を有すること
  • ④ 施設の使用の開始時に清潔な居室を提供すること
  • ⑤ 施設の使用方法に関する外国語の案内、緊急時の外国語による情報などの役務の提供
  • ⑥ 当該事業の一部が旅館業法 (昭和二十三年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する旅館業に該当するものであること。

※上記内容は、あくまで現時点でのものであり、将来諸般の理由により改正される場合があり、将来を保証するものではありませんので予めご理解下さい。

lineで無料相談受付中

旅館業の申請代行・無料相談の流れ

lineで無料相談受付中

まずはLINEで「友だち」登録

まず、株式会社グラティアンスの公式アカウント「@gratiance」をID検索、またはQRコードを読み取り、友だち追加して下さい。

後は、LINEでメッセージを送るだけ

友だちに追加後、24時間365日、お仕事の合間など、あなたのご都合の良いタイミングで、お気軽にご連絡して下さい。
対面での相談予約もLINEからどうぞ!
なお、LINEでは、無料で相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

lineで無料相談受付中

サービス内容

旅館業許可サポート

ゲストハウスや町家の一棟貸しなどを行う際に、必ず必要となる旅館業許可申請手続きを行政書士が代行いたします。

全国各地の旅館業許可について、 物件の確定前からの市区町村・消防署等での事前調査から本申請までの全てをサポートいたします。

事前のご相談・管轄行政庁との折衝
申請書類の作成と収集
申請の代行

申請代行料金について

事前調査

事前調査費用 5万円+税~
※要お見積もり

・証明書の取得にかかる費用などの実費も含めての報酬額となります。
・平面図を作成する場合は、2万円の報酬額が加算されます。
・消防事前相談を行う場合は、2万円の報酬額が加算されます。

本申請

旅館業許可申請代行料 25万円+税~
※要お見積もり
外国人滞在施設経営事業の
認定申請代行料
25万円+税~
※要お見積もり

・学校照会が必要な場合は、30,000円の報酬額が加算されます。
・別途、証紙代22,000円、その他申請に必要な各種証明の取得にかかる実費が必要になります。

※その他、申請に必要な各種行政証明書等の取得にかかる実費が必要となります。

Q&A

※下記の回答は、あくまで弊社の現時点でのものであり、将来諸般の理由により改正される場合があり、将来を保証するものではありませんので予めご理解下さい。

旅館業に関する質問
旅館業とは
旅館業とは、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」と定義されます。「宿泊」とは「寝具を使用して施設を利用すること」とされ、「宿泊料を受けること」が重要な要件となっており、「営業」とは、施設の提供が「社会性をもって継続反復されているもの」を指しています。この定義からすれば、対価を得て寝具が使用できる施設を提供する場合、すなわちairbnbのほとんどが「旅館業」に該当することとなります。
なお、生活の本拠を置くような場合、例えばアパートや間借り部屋などは貸室業・貸家業であって、旅館業には含まれません。宿泊料を徴収しない場合も、旅館業法の適用は受けません。
旅館業法の規制とは
旅館業を経営するものは、都道府県知事(保健所設置市又は特別区にあっては、市長又は区長)の許可を受ける必要がある、とするものです。無許可営業となれば、6か月以下の懲役または3万円以下の罰金が科せられます。
旅館業法を申請せずにAirbnbを続けることは違法なの?
旅館業を経営するものは、都道府県知事(保健所設置市又は特別区にあっては、市長又は区長)の許可を受ける必要があります。このため、airbnbホストを事業として行うことが旅館業にあたるか否かが重要な点となります(上記参照)。旅館業である以上、許可を得ないで行えば違法です。
無許可営業を続けていて大丈夫?
旅館業の監督官庁である厚生労働省は、各自治体に対して、旅館業法遵守の徹底を求めて、「旅館業法の遵守について」通知しています(平成26年7月10日付健衛発0710第2号厚生労働省健康局生活衛生課長通知)。これを受け、各自治体はそれぞれの判断で無許可営業の違反調査をしています。
旅館業の許可をとらず営業をする事の罰則は?
無許可営業者に対しては、行政指導がとられることがあります。行政指導に従わない場合、悪質であれば行政指導を経ること無く、6か月以下の懲役または3万円以下の罰金が科せられます。
旅館業法違反によって逮捕された事例はあるの?
【事例1】 指導に従わず、逮捕されたケース
外国人向けに宿泊施設を紹介するインターネットサイトで、宿泊者を募集し、無許可で自宅の一部で宿泊サービスを提供。無許可営業であることに加え、旅館業法が定める基準も満たしていなかったため、営業者に対し、保健所が繰り返し指導を実施するが、「シェアハウスであり、宿泊所ではない」と主張し、指導にしたがわず。住民からの通報を受け、警察が対応し、保健所に照会の上、旅館業法違反の容疑で逮捕。
【事例2】 指導により、営業を取りやめさせたケース①
分譲マンション管理人から、マンションの1室の所有者が転貸して外国人を宿泊させており、指導してほしいとの相談が保健所に寄せられ、保健所が現地調査を実施。転貸を行っていた所有者に対し、旅館業法違反であることを説明したところ、所有者に違反の認識はなかったが、指導に従い、営業を取りやめ。
【事例3】 指導により、営業を取りやめさせたケース②
旅館業者から、ビル内に外国人が出入りする部屋があり、旅館業法違反の疑いがあるとの通報があり、保健所が現地調査を実施。不特定の者を宿泊させていることが確認できたため、旅館業法違反であり中止するよう指導。事業者は、指導にしたがい、宿泊施設を紹介するインターネットサイトからの掲載削除の手続き中。
【事例4】 指導により、営業を取りやめさせたケース③
インターネットHPにて確認できた施設について、不動産業者に照会した結果、大学名義で留学生用として契約している物件が登録されていたため、大学の事務局に対して旅館業法の趣旨等を説明を行ったところ、サイトの掲載情報は削除された。なお、留学生が大学の許可なく登録していたもの。
【事例5】 指導により、営業許可に向けた指導を行っているケース①
インターネットHPにて確認できた施設について、所有者に確認したところ、過去に旅館として使用していた施設であり、改めて、旅館業法の営業許可(簡易宿所を予定)を受けることとなった。なお、現在、消防法関係の指導を受けているところであり、営業許可申請は未提出。
【事例6】 指導により、営業許可に向けた指導を行っているケース②
インターネットHPにて、許可台帳に記録のない施設が営業していることを確認し、保健所が現地調査を実施した結果、旅館業法の許可が必要であると判断し、事業者に対しその旨を説明し、許可取得の指導を実施。現在、宿泊営業は行っておらず、許可取得に向けた指導を継続中。
旅館業は許可がおりたその後の管理や維持は簡単?
運営に関しては、衛生・安全によく気をつけ、観光客が安心して滞在できるように施設を管理するのは勿論です。ただ、監督官庁から適法に許可をとったとしても、その後の運営において留意すべきたいへん重要なことが有ります。それは、近隣の住民の理解です。
人が、安全で平穏な住環境を享受したいと思うのは当然のことです。一戸建ては勿論、提供する物件がマンションであれば、ゴミの捨て方、夜間の音漏れ、人の出入りなどについて、住民が暗黙の了解で守り続けてきたルール、マナーがあります。しかし、外国から来た観光客がそれらを知らないのも当然のことです。長く安全にairbnbホストを続けるためには、国からお墨付きを頂戴しさえすればいいわけではなく、迎える客に対してマナーやルールを伝えることに心を割かなければなりません。事実、大田区民泊条例においては、「あらかじめ当該特定認定に係る事業計画の内容について近隣住民に周知しなければならない。」旨が定められています。
旅館業の許可申請に関する質問
旅館業の許可申請は自分で出来るの?
旅館業法関連法、および国家戦略特別区域法関連法は、現在整備中であり、いまはまだ審査基準が明確ではありません。そのため、現行法上の簡易宿所としての許可申請を基準に申せば、ご自分でされることは勿論可能です。ただ注意すべきは、飲食業などの「届出」制とは異なり、「許可」制であるため、書類や準備に不備があれば不許可になってしまう、というリスクがあるという点です。
法整備によりどこまで簡易化されるかにもよりますが、旅館業の許可であれば旅館業法、建築基準法、消防法その他、特区法の認定であれば、特区法、特区法令、各自治体の条例および規則、そしておそらく同様に消防法など、と、関連法令が多岐にわたることから、相応の準備・勉強が必要となるものと思われます。
旅館業の許可申請の流れを教えてください。
現行法上の簡易宿所を例にすれば、ごくおおまかな流れは以下になります。
事前調査:申請場所・構造設備について、図面など資料を元にする事前相談。知事もしくは保健所だけでなく、消防署など関係する各機関に相談する必要があります。
 ↓
許可申請:許可申請書、各種図面など必要書類を揃え、手数料を納付し許可申請
 ↓
現地調査:申請書に基づき、保健所等が施設を実際に調査します
 ↓
営業許可
旅館業の許可申請って誰がやってくれるの?
弊社と提携しているAirbnbに精通した行政書士が、責任をもって申請の代行を行います。
旅館業の許可申請ってどれくらいの時間がかかるの?
旅館業法関連法、および国家戦略特別区域法関連法は、現在整備中であり、いまはまだ審査のプロセスが明確ではありません。
現行の旅館業の許可審査で言えば、申請してから3週間が目安の期間となります。ただ、申請するためには保健所による事前の調査が必要となり、その期間は、提供する施設が基準に合うものか否かにより、まったく異なってきます。
許可申請にはどんな審査があるの?
旅館業法関連法、および国家戦略特別区域法関連法は、現在整備中であり、いまはまだ審査のプロセスが明確ではありません。そこで現行法の簡易宿所としての審査で言えば、旅館業法および消防法の細かい審査を経て、かつ一定範囲内に学校や公園などがあれば、事前にその届出をし、意見聴取する必要があります。さらに、100㎡以上の場合は建築基準法上の用途変更を要します。
旅館業の許可申請を代行してもらうとどれくらいの費用がかかるの?
事前調査にかかる報酬も含め、申請書類の作成・収集・提出代行として20万円(税抜き)〜とさせていただきます。
弊社への相談に関する質問
どうやって相談すればいいですか?
本サービスのアカウント「@gratiance」をID検索、またはQRコードで登録して下さい。
誰が相談にのってくれるの?
Airbnbに精通する、弊社提携行政書士が相談にのります。

行政書士名:渡邉 亮
登録番号:第15090092号
事務所の名称:渡邉亮行政書士事務所
事務所所在地:神奈川県横浜市青葉区大場町174番地24
土日や夜間に相談してもいいですか?
24時間365日、いつでもご相談いただけます。
相談料ってかかるの?
無料相談いただけます。 お悩みが生じた場合は、何度でも無料で相談いただけます。
回答はどれくらいで返ってきますか?
できる限り早い回答を心掛けています。
多数のご相談を受け付けているため、タイミングによっては順番をお待ちいただくことになるかもしれません。 緊急のご相談の場合は、「既読」マークがついた後も、何度か話しかけてみてください。
お電話で相談することは可能ですか?
お電話でのご相談は、基本的にお受けしておりません。
直接会って相談したいのですが?
はい、可能です。
コンサルタントとの対面相談をご希望の場合はLINEにてご連絡を頂き、日程を調整させて頂きます。
相談は予約制となっており、初回30分は無料でご相談いただけます。
プライバシー守秘に関する質問
相談した内容を外部に漏れることはないですか?
外部に漏れることはありません。ご安心ください。
そもそも投稿された相談を閲覧できるのは、弊所に所属するスタッフだけです。 弊所に所属するスタッフは、ご相談者に対して守秘義務を負っています。
どのような相談内容であっても、これらを外部に漏らすことは絶対にありません。
LINEで相談いただいた内容は「職務上知り得た秘密」に該当し、守秘義務の対象に含まれます。
LINEで友だち登録したら、他の人にバレますか?
バレないです。ご安心ください。
弊所のアカウントを友だち登録しても、そのことが他の友だちに知られることはありません。
友だち登録したことが周りに通知されるようなこともありません。
lineで無料相談受付中

会社概要

商号 株式会社 グラティアンス
代表取締役 木村祐規
住所 東京都港区六本木4−8−7−5F
資本金 3,000万円(2014年4月11日現在)
所属団体名 (公社)東京都宅地建物取引業協会会員
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
保証協会 (公社)全国宅地建物取引業保証協会
免許番号 東京都知事免許(1)第94967

PAGE TOP